PLDDで負担少なく~ヘルニア治療の最新技術~

先生

特徴を知っておく

病院

すい臓は動物の体の中にある消化器官の一つで、膵液という消化酵素を含む液を分泌し、体内に取り込んだ食べ物の消化や九州を助ける役割をしています。また、消化を補助する役割ともう一つ、いくつかのホルモンを分泌するという働きも持っています。がんという病気は体の様々なところに発生しますが、この膵臓にがん細胞が入り込んでがん化してしまうと、すい臓がんという病名が診断されます。すい臓がんは実はがんの中でも最も治療が困難ながんの一つとされています。別名「がんの王様」と呼ばれるくらいに死亡率が高いがんなのです。手術で見た目にはがんをすべて摘出できたと思っていても多くの人が再発してしまうといわれています。それには様々な理由があるのです

すい臓がんの死亡率が高いのには様々な理由があります。まず、すい臓自体がほかの臓器の後ろに隠れているので、とても検査の時に見にくいというのが挙げられます。慎重に検査をしていてもほかの臓器に比べてしっかりと検査しにくいということです。次に初期症状がほとんどないということが二つ目の理由として挙げられます。初期症状というか体の不調が長く続けば病院で検査してもらおうという気持ちになるのですが、すい臓がんの場合ははじめのうちはそういった症状はほとんどありません。食欲不振などの症状が出ては来るのですが、そういった症状が出てきたころにはすでに手が付けられないほどがんが全身に回ってしまっていることが多いのです。そのため、早めに医療機関へ行って検査を受けておくということが大事になってきます。