PLDDで負担少なく~ヘルニア治療の最新技術~

先生

肝硬変を併発

悩み

ほとんどが肝細胞がん

肝臓がんは肝細胞がんと肝内胆管がんの二種類があります。そのほとんどは肝細胞がんです。肝臓から発生したがんと肝臓外の臓器から転移した転移性のがんに分けられ転移してきたがんがほとんどを占めています。肝臓がんは無症状ですががんになる下地に肝硬変や、慢性的な肝臓の疾患があるために症状がだるさや、倦怠感となって表れてきます。このがんが進行してくると肝臓の機能も悪化してきて黄疸や腹水など肝不全の症状が出てきます。吐血をしたり、下血を起こすこともあります。肝細胞がんの原因は肝炎ウイルスです。C型肝炎ウイルスに感染している人は感染していない人に比べて格段にこのがんになりやすくなっています。大量の飲酒や喫煙も危険因子の一つになっていますから注意が必要になってきます。

C型ウイルスが原因

この肝臓がんはC型肝炎ウイルスに感染して肝臓の線維化が進み、肝硬変に進んでいくうちに肝臓がんになってしまいます。肝臓がんになった人のほとんどは肝硬変を合併しているのも特徴になっています。C型肝炎ウイルスを持っていないか検査することがこのがんを防止するためには重要なことになっています。そしてウイルスのキャリアだとわかれば肝臓の線維化、肝硬変にならないためにも生活には十分に注意をしていかなければなりません。キャリアになれば肝臓がんになるリスクが高くなると自覚して、がんの危険因子をできるだけ排除するような生活をすることを心がけてください。定期的な健診はもちろんのこと、血液検査を行って腫瘍マーカーなどの値を絶えず気に掛ける生活をすることが重要です。