PLDDで負担少なく~ヘルニア治療の最新技術~

医者

特徴を知っておく

病院

すい臓がんは別名「がんの王様」と呼ばれるくらい治療が難しい病気です。理由は様々あるのですが、臓器自体が見にくい位置にあることと、このがんの初期症状がほとんどないということが大きな理由です。早めに医療機関を訪ねるようにすることが求められます。

詳しく見る

椎間板ヘルニアを早く治す

女性

椎間板ヘルニアの治療法

頚椎や腰椎には椎間板というものがあり、この部分に何らかの負荷がかかってしまうと、痛みや痺れが出てしまいます。頚椎の場合には手に痛みや痺れが現れて、腰椎の場合には足に現れます。治療法には様々なものがあり、患者の疾患の進み方や体質、痛みや痺れの度合いなどを見ながら、適切な治療が行われます。保存治療と呼ばれるものがあり、内服薬や外用薬などの薬を使ったり、ブロック注射などで痛みを和らげる方法があります。症状が重たい場合には、メスを使った切開方法、内視鏡を使った方法、そして、PLDDというレーザーを使った方法などがあります。中でも、PLDDは日帰りや1日程度の入院で済む体に負担のかからない治療法で、最近注目されています。

体への負担が少ない治療法

椎間板ヘルニアの治療法として話題になっているのがPLDDです。PLDDとは椎間板に針を刺してそこからレーザーを照射することで、椎間板の中に空洞ができます。すると、椎間板はこの空洞をなくそうとして縮まるという性質がありますから、飛び出していた椎間板が引っ込んでくれて、神経などの圧迫が治ってくれます。傷口は針を刺す程度の穴しかありませんから、とても体に負担が軽く、1日程度の入院で治療がすむというメリットがあります。痛みは部分麻酔によって全く感じませんし、出血などもほぼなく体に負担をかけないとういメリットがあります。また、PLDDには炎症を鎮める作用もありますから、痛みなどを大幅に軽減できます。治療を受けた翌日から仕事なども可能です。

肝硬変を併発

悩み

肝臓がんの多くは肝細胞にできるがんです。このがんの原因はC型ウイルスが原因で起こってきます。C型ウイルスを持っていないか検査をして持っているようであれば定期的な健診、血液検査を行って線維化、肝硬変にならないような生活をすることが大切です。

詳しく見る

うつ病の治療ができる病院

男性

横浜クリニックでは、うつ病やパニック障害、社交不安障害などの心の病気の治療を行っている。横浜クリニックでは、薬物療法や認知行動療法、心理カウンセリングなどによって、うつ病やパニック障害を治療することができる。

詳しく見る